2013年 新勧合宿 相模湖休養村キャンプ場 

 

 5月3日~5日に相模湖休養村キャンプ場で新勧合宿を行いました。

 

 今年度の新入生は3人と昨年に比べ寂しい感じがしますが、いやはや、なかなか個性豊かな新入生が入部してくれたと、今回の合宿で再認識致しました。

 

 さて、今回の合宿の主なプログラムは『立ち釜戸の作成』『石老山登山』『OBプログラム』『大営火』などなど…でした。

 

 立ち釜戸は二班に分かれ、キャンプ場付近にある竹を切り(もちろんキャンプ場管理人の方に許可を頂いたうえで)、日頃から訓練しているロープワークを駆使し作成しました。各班共に、班長の的確な指示通りに動くことが出来、新入生にロープワークを教えながら無事に立派な立ち釜戸を完成させることが出来ました。(写真はギャラリーへ)

 

 予想以上に気温が上がり、体力を奪われることになったのが石老山(標高694m)の登山プログラムでした。今回はただ登山をするだけではなく、登山中に発見したごみを拾いながら歩くという事をやりました。結果として、あまりごみは落ちていなくて、ハイカーのマナーが守られた良い山なんだなぁということになりました。笑

 

 OBプログラムでは、3年目の私にとっては既にお馴染みとなったローバー名物の寺門先輩による『寺門特製牛すじ入りカレー』がふるまわれたり、冨田先輩のローバースカウトとはなんぞやという話を聞けたりと、登山後の穏やかな時間を過ごす事が出来てとてもよかったです。新入生の2人は多くのOBOGの前で自己紹介と共にモノマネをアドリブで披露するなど、ここでも度胸の据わった面を見せてくれました。誰の前でも物おうじせず、胸を張って話すことのできる新入生はとても頼もしいですね。これからの活躍に期待します。

 

 2日目の夜は大営火。静まり返った闇の中で突如火の精に扮した宮下君が姿を現し、私たちの円の中に火を放ちます。一気に燃え上がる炎とともに部員のテンションも上がります。皆で唄い、踊り、語らい、静まる。こんな時間を皆で共有できることの喜びは、とても大きいです。ぱちぱちと最後の木が燃え落ち、ここから本格的な宴に突入します。笑

 

 

 2泊3日のキャンプなんてあっという間に終わってしまうもので、今回も同じくそのように感じましたが、やはり収穫は新入生との親睦を深められたという点でしょうか。現存の部員に新たな部員が加わることによる化学反応、もしくはハーモニーとでも言いましょうか…新たな可能性が垣間見えた様な気がいたします。

 

 私個人、今回の合宿より正式に副将として幹部に加わる事となり、まだまだ足りない部分が多いなあと実感致しました。今後はまた気持ち新たに部活の事を沢山考え、東洋ローバーがより良い方向に向かって進んでいけるようにかじ取りをしていこうと思います。

 

 

3年 吉澤尚樹

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    冨田 (土曜日, 11 5月 2013 20:13)

    今年は昨年と違い快晴!! ただ、道路が想定外の大渋滞~にはまり差入れのサラダが「おやつ」に間に合うか?夕食用??になってしまうのか・・でしたが昼食二次会?に何とかセーフ!!
    お茶とかお菓子の差入れも有ったのですが~~。OB懇親会は準備部不足で失礼しました。今年の恒例・寺門亭特性カレーは「牛筋カレー」たっぷりと時間をかけて煮込んだカレーは流石に寺門カレー亭の味!! 秋山OBのカレーが無かったので秋山OBと分けて頂いたヨ。往路→約3時間半、復路→1時間半だった!。後記)キャンプ場の管理人から頂いた旬の「筍」は絶品!っで酒のつまみ+女性群にも好評だった。RS合宿に弥栄!! コンパを楽しみにしています。

  • #2

    吉澤 (火曜日, 14 5月 2013 11:44)

    冨田先輩コメントありがとうございます。

     差し入れのサラダは色鮮やかで、寺門カレーで満腹だったのも忘れ、美味しく頂きました!
     GW真っ只中ということで、渋滞がすごかった様ですが、そんな中でも多くの先輩方がお越し頂き、あのような楽しい交流会を開いてくださり、本当に感謝しております。

     新入生歓迎会コンパでも多くの先輩方のご来場をお待ちしています。よろしくお願い致します。

toyors-bun2.jimdo.com Blog Feed

H30 あじさい祭り
>> 続きを読む

H30 入隊式&新入生歓迎コンパ
>> 続きを読む

H30 山手線ハイク
>> 続きを読む