H28 夏合宿in八丈島

 

 

 

 

8月31日~9月6日の7日間、八丈島にて2016年夏合宿を行ってきました。

 

出発が台風の影響で一日遅れるという波乱の幕開けとなりましたが、台風で流れたプログラムを他の日に組み込むことにより、密度が濃く、より充実した時間を過ごせたように思います。

 

台風の影響でのプログラム変更により最終日に行う予定だった島探検を一番最初に行いました。

各班に分かれ、サイクリングや温泉めぐり、滝や海などの自然にも触れることができました。

また、探検をしている最中、島の方々に八丈島の事を教えて頂き一日目にして八丈島に魅せられてしまいました。

 

奉仕活動では台風の影響もあってか、海岸沿いに多くのゴミが流されてきており、岩場で足元も悪く、時折雨も吹きつけるような悪天候でしたが海岸の端から端までゴミを分別しながらゴミ拾いに励みました。

 

 

夏合宿で八丈島が選ばれた一番の理由に釣りがしたいという意見が多く見受けられ、八丈は大漁だったという先輩方のお言葉もあり、去年の大島では天候不良のため釣りができなかった分、今年は釣りプログラムに力が入っていました。

前日の班長会議の結果により天候を考慮して釣りプロを前倒しにし、万全の状態で釣りに臨むことができました。その甲斐もあってか、ムロアジが大量に釣れその日の昼食はアジの塩焼きや刺身、なめろうと、釣りの成果があってこそのメニューになり自分達で釣った新鮮な魚は一味も二味も違いました。

また、銛で魚をつく部員もおり、タイやブダイなどの大物をゲットすることもでき、一番の目的であった釣りプログラムを大成功で終わることができました。

 

 

最終日最後のプログラムは登山ハイクです。それまでの八丈での楽しい生活と打って変わって

八丈富士登山ハイクが夏合宿で唯一の苦い思い出になったのは部員一同感じていると思います。

雨予報とは裏腹に暑い日差しが降り注ぐ中、急こう配な坂道をひたすら上り続けました。

100キロハイクなども経験し、日々鍛錬を積んでいる上級生でさえきつかった八丈富士は1年生にはとても過酷の様に思いましたが、弱音を吐く事もなく必死に食らいつき、見事部員全員登頂することができました。

山頂まで苦労した甲斐があってか疲れているはずなのに部員一同楽しく会話したり、記念撮影をしたりと最終日の登山が一番思い出に残ったのではないでしょうか。

下山は足がガクガクでした。

 

 

あっというまに一週間が過ぎ明日帰るの早いという言葉を多く耳にしました。

今回の合宿はすごい濃密な時間を過ごせたと思います。

また、出発こそ遅れたものの、大雨にも見舞われず、天候にも恵まれた事で八丈島での一日一日を楽しむことができたのだと思います。

出発日変更やプログラム変更などにも皆で協力し、対処できたことで、限られた時間の中でも充実させることができました。

普段の活動もそうですが、来年の夏合宿が待ち遠しいです。

 

 

 

ギャラリーに活動の様子がのっています。

 

                                   

 

                                    3年 石田 卓也

 

 

toyors-bun2.jimdo.com Blog Feed

H30 あじさい祭り
>> 続きを読む

H30 入隊式&新入生歓迎コンパ
>> 続きを読む

H30 山手線ハイク
>> 続きを読む